ホーム>虎ノ門会席ブログ>近うて遠きもの・・・
虎ノ門会席ブログ

近うて遠きもの・・・

師走のつごもりの日、睦月のついたちの日のほど・・・

 

毎年この時期になると、枕草子のこの一節を思い出します(笑)

 

近くて遠いもの、

師走の末日(大晦日)、睦月の一日(元日)の間。

たった一日が一年を隔てるので、近いのに遠いもの・・・

という意味なのだそうです。

 

むしろ最近は一年という月日が一日くらいに感じていますが(笑)

春から夏、秋を経てここ数日の冷たい空気を感じると、

やっぱり季節は巡ってきたんだなぁとconfident

 

先日は通勤途中にある花桃の木が、新芽をつけているのをみつけ、

早くも春の訪れに思いを馳せてしまいましたheart04

 

そして・・・八寸も早春を先取りです!!

梅麩と、椿に見立てた千枚蕪shine

appetizer2.jpg

ふんわりと梅の香りの漂う早春、突然気温が下がって雪が降り、

梅の花や寒椿に雪が降り積もる様子も、

日本の美しい風景のひとつですよねconfident

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okiagari.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/152