ホーム>虎ノ門会席ブログ

虎ノ門会席ブログ

春爛漫☆

3月もあっという間に最後の一週間になってしまいましたねsweat01

 

今年の冬は大寒波で寒い冬だったなぁという印象でしたが、

一気に春が来て、桜の開花宣言&満開になるのも東京は平年より

9日も早かったそうですcherryblossom

桜達も急に暖かくなったので、慌てて蕾を開いたかのようですね。

 

桜は花ももちろんですが、生き方そのものも美しいなぁとconfident

真冬に花芽をつけ、厳しい寒さに耐えながら花咲く準備をし、

暖かくなったら一気に咲いて人々の目を楽しませ、

散る時が来たらあっという間に散っていく。

強さや逞しさや美しさや潔さ・・・

自分もそうありたいなと思わせられるものを沢山持っている気がして、

毎年満開の桜を観る度に、色んな思いが巡ります。

 

そうそう、桜達だけではなく、

お花屋さんからいただいた当店のガジュマル君も(男の子?)

暖かくなってからにょきにょきと成長していますbud

gajyu.jpg

お日様に当ててあげられていないにも関わらず、

よく頑張って成長してくれているなぁと。

そうやって成長がみられると、愛着がわきますよねlovely

天明 中取り弐号再入荷しました!!

あまりに好評のため、あっという間になくなってしまったので(笑)

再入荷しました!天明中取り弐号 純米吟醸無濾過生原酒おりがらみshine

tenmei.jpg

この春を思わせる可愛らしい桜色のラベル、

甘酒を連想させるおりがらみの白い濁り、

フルーツのような甘い香りから、甘口のお酒かな?

・・・と思ったら!!happy02

見た目と香りのイメージとは裏腹に、辛さと程よい酸味!

これはずるい!(笑)香りと味がこんなに違うなんて!!

とギャップに驚きましたhappy02

 

そしてもうひとつ「かすみロ万 純米吟醸うすにごり生原酒」heart04

会津ではまだ雪が降り積もる頃に出荷されるお酒ですが、

「かすみ」という言葉に春を感じずにはいられませんlovely

冷やしてもいいですが、ぬる燗もおすすめだそうです♪

春~は名~のみ~の♪

思えば去年も歌ってましたね、早春賦(笑)

まだまだ寒いとはいえ、

立春を過ぎると一気に春気分が満開になりますよねlovely

春の訪れと言えば、お雛様を飾るのも日本の楽しみのひとつheart04

本当は二十四節気の雨水の頃に飾ると良いとか、

大安の日が良いとか言われますが、

待ちきれずに出してしまいました(笑)

hina2.jpg

こちらはお客様からの頂きものなのですが、

なんと、おきあがりこぼしのお雛様!!

写真で見ると大きく感じますが、

実際には私の手のひらほどもない、ちいさなお雛様heart04

やっぱりこのゆる~い表情がたまりません(笑)

 

ちなみにお雛様といえば桃の花・・・ですが、

花桃の花言葉は諸説ありますが、「あなたのとりこ」なのだそうlovely

女性ならテンション上がらずにはいられない言葉ですよね(笑)

冬のお酒入りました!!

皆様こんにちはhappy01

先日は東京も大雪(雪国の方には笑われてしまいそうですがsweat01)に見舞われ、

「大寒」という名の通り大寒波に襲われ、

インフルエンザが猛威を振るっていますが・・・。

先日私は早々に春が恋しくなって(笑)咲き始まりの梅の花を愛でてきましたlovely

冬ならではのデメリットも沢山ありますが、冬ならではのお楽しみも!!

信頼の鶴乃江酒造さんより会津中将生純米原酒、

無濾過初しぼり入荷しましたhappy02

rice-wine2.jpg

こちらもやはり福島にこだわったお酒になっており、

お米は会津産五百万石、

酵母は福島で開発されたTM-1という酵母を使用しているそう。

味は辛口ですが、林檎を齧ったようなみずみずしい香りと、

穏やかでしっとりとした旨みが特徴のお酒。

「さわやかな新酒の香りをお楽しみください。」

という鶴乃江酒造さんからのメッセージlovely

冷でもいいですが、もう少ししたらぬる燗~上燗もおススメとのこと♪

限定での入荷になりますのでお早めにどうぞ!!

遅くなりましたが。

皆様、新年明けましておめでとうございますhappy01

 

年末年始はごゆっくりできましたか?

私は毎日のように小学2年生の甥っ子と遊ばされ、

今年も体力つけていかないとだなぁと改めて思いました(笑)

 

先日テレビで2018年は60年に一度の戊戌の年で、

古きものが滅び、新しい変化と繁栄が訪れる年だと言っていました。

滅び・・・と聞くとなんだかネガティブにも聞こえてしまいますが、

以前知人に

「何かを得るためには、何かを手放さないとならない」

と言われたのを思い出し、

自分には必要のなくなったものは手放し、

新しいものを身に付けていく・・・ということが、

成長するということなのかなぁ?と思いました。

 

皆様にとりましても今年一年が

幸多き一年になりますよう、お祈りしていますconfident

本年もおきあがり小法師をよろしくお願い致しますshine

近うて遠きもの・・・

師走のつごもりの日、睦月のついたちの日のほど・・・

 

毎年この時期になると、枕草子のこの一節を思い出します(笑)

 

近くて遠いもの、

師走の末日(大晦日)、睦月の一日(元日)の間。

たった一日が一年を隔てるので、近いのに遠いもの・・・

という意味なのだそうです。

 

むしろ最近は一年という月日が一日くらいに感じていますが(笑)

春から夏、秋を経てここ数日の冷たい空気を感じると、

やっぱり季節は巡ってきたんだなぁとconfident

 

先日は通勤途中にある花桃の木が、新芽をつけているのをみつけ、

早くも春の訪れに思いを馳せてしまいましたheart04

 

そして・・・八寸も早春を先取りです!!

梅麩と、椿に見立てた千枚蕪shine

appetizer2.jpg

ふんわりと梅の香りの漂う早春、突然気温が下がって雪が降り、

梅の花や寒椿に雪が降り積もる様子も、

日本の美しい風景のひとつですよねconfident

冬を感じる今日この頃。。。

皆様こんばんはhappy01

今年ももう11月ですね!

つい最近までなかなか秋らしくならないなぁと思っていましたが、

各地から紅葉の便りも届き、

街中の銀杏も鬱金色に色付き始め、風景に彩りを添えていますねshine

 

流行語大賞ノミネートも発表され、改めて今年を振り返ると、

あっという間だけれど色々あったなぁとconfident

 

先日はアメリカのトランプ大統領も来日されましたが、

来日の際の晩餐会で飲まれた日本酒が、

以前こちらのブログでもご紹介いたしました

鶴乃江酒造さんの杜氏、林ゆりさんのお酒「ゆり」なのだそうです!!

 

アメリカの大統領の来日という特別な日の晩餐会に、

日本全国数ある日本酒の中から選ばれたのが林ゆりさんのお酒!

私もこのお酒の大ファンとして、自分のことのように嬉しいですhappy02

 

「女性目線で新しい酒を」と取引先から提案され、誕生したというこのお酒。

洗米をする際も、蔵に保存しておいたお米と、

お米を洗う井戸水には温度差があり、

そのまま洗うと温度差によってお米が割れてしまうため、

井戸水を一度屋外のタンクに溜めて冷やしてから使い、

浸水時間も秒単位で計測するのだそう。

 

ゆりさんは大学で基礎的な理論は学ばれていたそうですが、

会津の風土に合ったお酒造りをしようとアカデミーでも学ばれたそうです。

 

そんな努力と細やかな気遣いとで造られたお酒。

派手なパフォーマンスではなく、見えないところにも気を配る・・・

という日本人らしいおもてなしの心だなぁと。

 

そんな美しいお酒と美味しいお料理があれば、

食事をする時間までもがステキなものになりますよねconfident

季節のお花☆

皆様こんにちはhappy01

この頃気温は上がったり下がったりで中々落ち着きませんが、

気が付けば以前より日が短くなり、

確実に秋が深まっていくのを感じますよねmaple

 

秋の七草には含まれませんが、これも秋を代表するお花のひとつ、りんどうshine

gentian.jpg毬栗と戯れる(?)小法師くんも一緒に撮ってみました(笑)

 

りんどうと言うと、日本の伝統色にもある竜胆色の青紫も綺麗ですが、

こんな赤紫のりんどうもとっても綺麗ですよねheart04

 

平安の女流作家である清少納言も、枕草子の中で

「竜胆は 枝さしなども難しけれど 

異花どもはみな霜枯れたるに いとはなやかな色あひにて

さし出でたる いとをかし」

 

枝ぶりは格好が悪いけど、他の花が霜枯れてしまっている時に、

とても華やかな色合いで咲いていてとても素晴らしい。

と綴っています。

 

店内のお花は毎週近所のお花屋さんが生けて下さるのですが、

今週はどんなお花を生けてくれるのかな~?というのが

週に一度の小さな楽しみになっていますlovely

実りの季節です♪

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

詠み人知らずの句だそうですが、新米の季節になるといつも思い出しますconfident

そんな実りの季節の八寸には稲穂がshine

appetizer.jpg

もみじ麩も、先日まで青もみじでしたが、紅葉しました(笑)

実際の紅葉はまだ先ですが、先取りですmaple

 

京都では花街の芸舞妓さんたちが、

新年になるとかんざしと一緒に稲穂を着けていたのですが、

芸が実るほど稲穂のように謙虚に謙虚に精進しましょう・・・

という意味を込めているのだそうです。

 

芸舞妓さん達だけではなく一般の私達も、

忙しさにかまけて謙虚さを忘れがちになってしまう時がありますが、

時々ふっとこの言葉を思い出して、

常々、謙虚でいられるよう努めたいものですねconfident

秋ですね☆

皆様ご無沙汰しておりますsweat01

梅雨明けしたのが昨日のことのように思えますが・・・

いや、むしろ新年を迎えたのが昨日のことのようですが(笑)

気が付いたら夕暮れ時には秋の虫たちのオーケストラが聴こえる季節になりましたねnotes

 

先日、初秋刀魚も頂き気分も秋モードになってきたので、

店内の飾りも秋仕様にシフトしましたlovely

harvest-moon.jpg

今年の中秋の名月は10月4日だそうなので、

まだ少し先ですが、何かと忙しい現代人。

お月様を眺めながら物思いに耽る時間はなかなか作れませんが、

帰宅途中に信号待ちで立ち止まった時、

ふっと見上げた夜空にお月様が浮かんでいるのを見つけると、

ついつい綺麗だなぁとうっとりしてしまいますよねlovely

 

お月見の風習は中国から伝わったと言われていますが、

美しいお月様を愛で、豊作を祝う・・・という風習が日本にも広まったのは、

万物に感謝をする、という心が日本人のDNAに刻まれているからなのかなぁ?と。

秋の気配を感じると、ついついそんなことを思ってしまいますcatface

 

美味しいものもたくさん出回るこの季節、食べ過ぎにも気を付けたいと思います(笑)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11